ボーダーライン

医学部の受験対策を行うためには、いろいろと情報収集を行う必要もあるのですが、インターネット上には大学ごとにこれだけの得点を獲得すれば合格できるというボーダーラインの情報が載っています。例えば900点が満点であれば、ボーダー得点が740点で、合格できる可能性が濃厚なのは850点、これ以上下がると注意という得点が780点などと言った情報が記載されています。

このような情報をしっかりと覚えておき、自分が受験する学校のボーダーラインを知っておくことで、自分が目指している学校に入学できるかどうかを知ることができます。もしボーダーラインギリギリであった場合には、もっと勉強を行う必要がありますし、足りていないのであれば、勉強方法自体を変えていく必要もあります。十分足りているとしても、決して油断してはいけません。

ただし、ボーダーラインというのは合格できるギリギリのラインなので、ギリギリまで点数を取れれば大丈夫という考え方ではいけません。あくまで満点を目指して勉強しないと、医学部の受験は難しいので、合格できなくなる可能性もあります。ボーダーラインを知るということは、受験対策を行う上の目安となっているので、最低限ここまで点数を高めなければいけないという印だと思いましょう。