論文の対策

医学部の入試問題は、一般的な教科の問題も当然あるのですが、小論文と言って、簡単で短めの論文を書く場合も最近では多くなっています。小論文とは言っても、ある程度本格的な内容を書かないと合格が難しい場合も多いので、論文対策もしっかりと行いましょう。小学校や中学校、高等学校では論文を書くことなど経験したことはないでしょうから、どのように書くのかも知っておく必要があります。

昔は一浪して人並みと言われていたほど難しかったですし、インターネットもないので、情報収集をすることもできない状態でした。それに対して現在ではインターネットで簡単に情報収集ができますし、受験者数も減っているため、昔よりも医学部に合格しやすくなっているのです。だからこそ役に立つツールをしっかりと使いこなし、どのような感じで論文が出題されるのかを知ることもできます。

家族や親戚に、実際医学部の受験をした経験がある人がいればよいのですが、そう都合よく存在しているわけではないので、自分で論文のことを調べ、受験対策を行わないといけません。小論文というのは、ただうまくわかりやすく書くだけではなく、自分が医師としての資質や能力をあるのかを確かめるために行われるので、決して甘く見てはいけないということも覚えておきましょう。