図表分析型の問題

論文の書き方やテーマというのは、受験をする大学によって異なるので、どのように出題される可能性があるのかを知っておく必要があります。中には図表分析型の問題が出題されることもあるのですが、図表分析型の問題というのは、グラフや表などを最初に受け取ります。受け取ったグラフや表から自分はどのように考えているのか、というような感じの論文を書くことです。

もちろん受け取るグラフや表には、医療に関係のあるようなデータになっているのが一般的なので、やはり医学部を受験する場合には、医学部に入学してから必要になるような知識になります。よってグラフや表からいろいろな見解を示すということを勉強するのも、医学部の受験対策になるのです。最近多くなっているデータは、年代別の喫煙、がんにかかりやすい年代などが多くなっていますが、他にもいろいろなデータを渡される可能性があります。

インターネットや医療関係の本を見ると、よくグラフや表が出ていることがあるのですが、このようなグラフや表を参考にして、自分で論文を書いてみるというのも受験対策になるでしょう。まずはグラフや表から何を読み取って、どうわかりやすく伝えるのかという勉強をするべきです。そうすればどのようなテーマのグラフや表を出されても、安心して論文を書くことができるでしょう。