面接もある

医学部の入試には、普通の試験や論文もあるのですが、面接もあるということを忘れてはいけません。たかが面接と侮るのではなく、きちんと受験対策の一環として、面接の対策も行う必要があります。通常中学校でも推薦の場合には高校受験のための面接対策は行いますし、高等学校でも大学に行く人や、就職する人のために面接対策を放課後や授業時間の一部を使って行うのは、面接を重要視しているからです。

面接は合格には関係ないと思っている人もいるでしょうが、実は面接にも点数を付けて、合格と不合格のラインを設けているのです。ただし一般的な試験とは違って、面接の点数について詳しく公表している大学というのはありません。もちろんどのように点数を付けているのかも公表されていないので、とにかくきちんと面接をする、よい印象を与えられるように面接をするしかないでしょう。

医学部に入るのですから、当然医療に関する質問も行われると思うべきですし、基本中の基本である質問内容に関しては、どのように答えるべきかもきちんと考えておくことが受験対策に繋がります。基本的な質問である、なぜこの大学を受験しようと思ったのか、なぜ医学部を選んだのか、得意な科目や苦手な科目、短所や長所などは必ず聞かれると思って間違いありません。