複数名で行う面接

医学部に入るための受験では面接も行われますが、面接の方法には個人面接と集団面接があります。個人面接というのは、自分が1人に対して面接官が1人、もしくは自分が1人で面接官が複数人です。それに対して集団面接というのは、受験希望者が複数人いるという面接方法なので、自分以外に医学部を受験している人と一緒に面接を受けるということです。集団面接の場合には、大体3人対3人というパターンが多くなっています。

なぜならあまり増やしてしまうと、効率が悪くなってしまうからです。そんな集団面接には、同じ質問を受験者全員に行う場合もあれば、1人1人に別の質問を行うという場合もあります。よって個人面接に比べて、楽な面もあれば難しい面もあるので、しっかりと受験対策を行わないといけません。集団面接では、自分より先に答えた人がうまく答えられないと、ある程度緊張が解けるという人もいます。

しかし、自分よりも先に答えた人が、自分よりもうまく答えてしまった場合や、自分が用意していた答えを先に答えられてしまった場合には、逆に緊張してしまい、うまく答えられなくなってしまう可能性もあります。よって面接で聞かれそうな答えは3つ以上用意しておくことが大切です。周りの答えにも耳を傾け、的確に答えられるようにしておくことも重要になります。