夏休みの対策

医学部を受験するときには、前年の夏休みがとても大切になります。夏休みの対策をどのようにしておくかで、医学部に合格できるかが決まると言っても過言ではありません。では、夏休みにどのような受験対策を行うべきなのでしょうか。高校生の場合には試験休みがあるので、夏休みの期間がとても長くなっています。この時期に行っておく受験対策は、まず進学する大学を決めることです。

そうしないと受験対策が何もできません。志望校が決まったら、過去の入試問題を調べておきましょう。実際に過去の入試問題を解いてみて、間違えたところや苦手な分野をしっかりと勉強します。受験でなければ得意分野を伸ばしていくという方法でもよいのですが、受験の場合にはどの科目でも一定以上の点数が必要になるので、苦手を克服しないと合格できる可能性が低くなってしまうのです。

さらに夏休みの計画を立て、いつ勉強をするのか、もしくは塾に通うのか、家庭教師を雇うのかなど、親と相談して決めておく必要もあります。このような計画は、夏休みになってから行うのではなく、期末試験が終わって試験休みに入ったらすぐに行いましょう。もちろん毎日長時間勉強をしているのでは、逆に記憶力が衰えてしまうので、無理をしないように計画を立てないといけません。