苦手科目の克服

受験のときには、総合で何点以上取れるかということも重要なのですが、1教科で何点以上取れるのかも重要になります。自分は数学が苦手だから、数学は諦めて他の教科で頑張ればよいという方法では、医学部に合格することは難しいでしょう。苦手意識があるからと言ってそのままにしておくのではなく、苦手な強化を克服しないといけません。苦手教科に対しては、やはり進学塾に行って習うのが最もよい受験対策になります。

もちろん自分自身で勉強することも大切ですし、自分の力だけで克服できるのであれば、無理に進学塾へ通う必要はありません。現在ではいろいろな勉強方法が取れるので、進学塾以外にも家庭教師や通信教育、参考書を購入して自分で勉強するという方法でもよいでしょう。しかし、苦手科目は誰かに教わらないと、なかなか克服できないというのも事実です。

今までと同じ勉強法では、苦手科目を克服できない可能性もあるので、勉強方法から見直していく必要があります。必死に苦手科目だけを勉強しているだけではなく、他の教科も受験に出る以上は勉強しておかなければいけません。もちろん休むことも重要なので、1日中勉強するのではなく、苦手教科を勉強する時間を若干多めにとっておくという受験対策も有効的です。