生物対策

医学部というのは、医療関係の仕事をするのに必要な資格を取得するために入学する学校なので、生物に関する知識は当然必要になります。医学部の入学試験でも、生物の問題は出題されるので、受験対策の一環として、必ず勉強しておくべき教科です。生物というのは、動物や植物に関する勉強も行いますが、人間が大半を占めているので、最も力を入れて勉強するべきだと言っても過言ではありません。

しかも医学部の入試で行われる論文をきちんと書くためには、生物の知識は欠かせないと言えるでしょう。生物の勉強をするためには、本をしっかりと読むことが重要になるのですが、どのような本でもかまわないというわけではありません。医学部の入試に出るような問題が記載されているような本でなければいけませんし、できれば問題が載っているような本がよいでしょう。

また、体の仕組みなどの図を実際に書いてみて、臓器などの場所をしっかりと当てられるのかをテストしてみるという方法もおすすめです。たとえ絵が下手であっても、臓器などの場所がしっかりとわかっていればよいので、簡単な図であっても問題ありません。解剖学の本も購入して勉強しておくのもよいでしょう。後は遺伝子関連の名称と働きなどを覚えておくのも、受験対策には必要です。