英語対策

最近ではどこの学校でも必ず英語の問題が出題されるのですが、医学部でも英語の試験が存在しているので、きちんと勉強をしておくべきです。基本的な読み書きと文法を行っておけば、英語はそれほど難しいというわけではありませんが、医療関連用語に関する英語も出てくるので、普通に読み書きができるレベルでは少々難しいでしょう。しかも英語は人によってかなり差が出てしまう教科と言われています。

医学部の試験内容は、英語を除けば全て理数系の問題が出題されます。医学の勉強をする上では、理数系は避けて通ることができないので、比較的得意という人が多くなっています。それに対して英語というのは、本来日本で仕事をしていくのであれば、全くと言ってよいほど必要のない教科です。しかも理数系とは全く異なっている教科なので、医学部の試験では、最も差がついてしまうと言われています。

逆に言えば、英語をしっかりと勉強しておき、他の受験生に差をつけておけば、医学部に合格できる可能性が高くなるのです。だからこそ受験対策では、英語の勉強も欠かせません。まずは英語を読んで聞くことと、長文をきちんと読める知識も必要になるので、自分で英語を書いてみることも重要です。少しの時間でもよいので、毎日続けて勉強することが、英語を克服する方法だと言えるでしょう。