国語対策

やはり日本人である以上は、しっかりと国語の勉強もできないといけませんので、医学部の試験でも国語は大切になります。国語は英語と違って、ただ読み書きができるというだけではいけません。国語の問題は、現代文と古文、漢文ができることが求められるので、しっかりと勉強しておく必要があります。現代文も評論と小説に分かれているので、どのような感じで問題が出るのかも知っておきましょう。

評論の問題は、一定の段落まで読んでから回答するべきです。中には全文を読んでから回答する人もいるのですが、全文を読んでからではあまり効率的ではありません。勉強するときには、要点をしっかりと理解できるように、赤線を引くなどの対策をする必要があります。小説の問題は、どうしても全文を読まなければいけません。評論も小説もそれほど異なる問題ではないので、まずはしっかりと読み、要点を押さえるようにしましょう。

古文は文法と単語が重要になりますし、漢文は句形を覚えておくことが重要になります。古文と漢文は少々難しいので、評論や小説よりも長めに勉強しておくことをおすすめします。評論や小説は、読解力を高めておくことが大切になるので、読解力を高めるような本を読むと、国語の受験対策になります。