推薦入試の対策

高等学校には推薦入試というシステムがあり、実際に推薦で入学したという人も多くなっているでしょう。このような推薦入試は、医学部のある大学でも導入されています。中には推薦入試で医学部に入学しようと考えている人もいるでしょうから、このような人は推薦入試の対策をしなければいけません。では、どのような推薦入試の受験対策をするとよいのでしょうか。

推薦入試を行っている人数は、学校によっても変わってくるのですが、大体少人数になっているので、しっかりと受験対策を行う必要があります。推薦入試を行うには、一定以上の学力が必要になるので、自分が受験しようとしている医学部のレベルと、自分のレベルをよく比較しておきましょう。選考方法も学校によって異なるので、事前に確認しておく必要があります。

主な選考方法は、センター試験5教科7科目、もしくは3教科5科目、書類選考、面接、小論文となっています。しかし、この全てが行われるというわけではなく、この中の3つぐらいが選考方法になっていることが多いでしょう。例えばこの学校は書類選考と面接、小論文で決める、こちらの学校は、センター試験5教科7科目と書類選考、面接という感じです。中には個別試験を行う場合もあります。